ラケットの重量


こんにちは(*^-^*)

ガットの張り替え、ラケットなどのギア関係、テニスのプレーの事など

なんでもご相談してください。

即張りも喜んで!!

 

フェイスブックの使い方がいまいち分からない。

たいしのガット張り工房 店長 青木です。

 

 

 

 

よくラケットの重量のことや

バランスのことなどを

質問を頂くので

 

 

自分なりにいろいろ

書いてみようと思います。

 

 

 

今回はラケットの重量についてです(^_^)

 

 

 

ラケットの重さには

 

静止重量スイングウエイト

あります。

 

 

静止重量はそのまんまです。

はかりに乗せて量れるやつです。

 

基本的にはガットは張ってない

オーバーグリップ巻いてない状態で量ります。

 

 

 

スイングウエイトは簡単に言うと

振った時の重さ

みたいな感じで思ってもらったら

大丈夫だと思います。

 

 

今回は静止重量の方だけ・・・

 

 

 

重たい方が

 

 

よく飛んで、威力のあるボールが打てて

打ち負けにくい

ついでに振動も少ない

 

でも扱いにくくなる

 

 

だいたいこんな感じですかね。

細かいこと言ったらもっとあるんですけど・・・

 

 

 

 

軽い方が

 

 

扱いやすくて、スイングスピードは上げやすい

 

でもボールにパワーが乗りにくい

 

 

こんな感じかと。

 

 

 

 

これでいくと重ければ重たい方が

いいのかというと

 

そうでもないです。

 

 

 

結局、自分に合った重さになります。

なのでいつもおすすめするのは

 

 

 

無理のない程度で、なるべく重ためです。

 

ただ、練習中に重さが気になるようなら

重た過ぎかなと思います。

 

逆に振るのが楽しいからと言って

軽過ぎるのもボールが飛ばなくて

しんどいと思います。

 

 

後は打球感の好み!

 

 

 

でも、今回は重さだけの話なので

軽いラケット=飛ばない

とは違いますよ(・ω・)ノ

 

軽いラケットは軽くても

フレームの形状とか、バランスとか、素材とか

しっかり飛ぶ工夫をラケットメーカーさん

各社が頑張ってくれてますから(*^_^*)

 

 

 

あくまでも重量以外が同一条件での話ですね。

 

自分の文章力が低いので

ちょっとわかりにくいかもしれませんが。。。(;・∀・)

 

 

 

次回はラケットのバランスのことで

書いてみようと思います。

 

その上で鉛を貼る位置について

書いてみます。

 

 

 

書ききれてない部分がいっぱいあるので

よかったら直接聞いて頂けたらなと思います。

 

 

 

ではまた次回に!!